「体質」には、遺伝や生まれ持った特徴ともいえる先天的なもの、ライフスタイル、地域環境、気候などの要素が関連する後天的なものがあります。「風邪をひきやすい体質」「胃腸が弱い体質」「肌が弱い体質」「太りにくい体質」など体質は人それぞれさまざまです。

「薄毛になりやすい体質」というのもあるのか気になりますよね。そこで今回は、薄毛と体質について解説いたします。

薄毛になりやすい体質はあるのか?

遺伝

薄毛(AGA)になりやすい体質は、遺伝するといわれており、遺伝メカニズムも明らかとなっています。

しかし、その遺伝子が遺伝したからと言って、絶対に薄毛になってしまうわけではありません。また、最近では内服薬やHARG療法などの有効な治療法がありますので、薄毛(AGA)を発症したとしてもあきらめることはないのです。

「薄毛になりやすい体質」の遺伝に関連する2大要素があります。

・5αリダクターゼ(酵素の1種)の分泌が活発化しやすい
・ホルモンの受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性が高い

薄毛(AGA)の主要原因は、男性ホルモンの1種であるテストステロンが5αリダクターゼの作用により活性化したジヒドロテストステロン(DHT)であると考えられています。

ジヒドロテストステロン(DHT)になっただけでは、どこで何をするかは決まりません。その力を発揮すべき場所ともいえる受容体(アンドロゲンレセプター)の存在が必要なのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)が、毛乳頭に存在する受容体(アンドロゲンレセプター)に反応すると、毛髪の生まれ変わりや成長過程に作用しヘアサイクルが乱れ、AGAの症状となってあらわれます。

つまり、テストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換させてしまう「5αリダクターゼ」と、ジヒドロテストステロン(DHT)の受け皿である「アンドロゲンレセプター」が、「薄毛になりやすい体質」の遺伝に重要な役割を持っているのです。

生活習慣

薄毛になりやすい体質に関わってくる後天的要素に生活習慣があります。食生活、睡眠不足、精神的なストレス、頭皮や毛髪へのストレスなど薄毛を引き起こす「生活習慣」はさまざまです。

薄毛の原因は遺伝的要素や男性ホルモンの影響だけだと思って油断していると、知らぬ間に薄毛の症状が進行してしまっているかもしれません。

体質を知ることが薄毛治療の第一歩!

02

薄毛になりやすい体質であっても、AGAに悩まされたくないですよね。薄毛に悩まされたくないのであれば、薄毛(AGA)が発症するリスクを確かめることが重要です。

毛髪診断により薄毛になりやすい体質かどうか確認することができれば、適切な対策や治療方法を見出すことができます。自分にぴったりの適切な対策や治療をすることは、AGAの発症や進行を遅らせる有効な手段です。

頭皮と髪の健康診断「毛髪診断」

「毛髪診断」は、毛髪診断士が顕微鏡とマイクロスコープなどを使用して、頭皮と毛髪の状態を詳しく診て診断をしてくれる、「頭皮と髪の健康診断」です。肉眼では見ることのできない皮脂量、毛穴の状態などの頭皮環境、毛髪の状態などを確認することができます。

「毛髪診断士」(Hair Adviser JHSA)は、毛髪に関する卓越した知識と、顕微鏡などを使用して頭皮と毛髪の状態を的確に観察する特殊な技術を有する「毛髪のプロ」です。福岡博多駅前通中央クリニックでは、日本毛髪科学協会の認定を受けた優秀な「毛髪診断士」による毛髪診断を受けることができます。

自分自身の頭皮や毛髪について詳しくなることが、AGA治療の第一歩です。薄毛や抜け毛の悩み、日常のヘアケアなど髪に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

おわりに

「体質だから、遺伝だから薄毛になるのは仕方のないことだ」とあきらめるのはもったいないことです。遺伝的要素や体質的要素を研究して開発されたAGA治療薬やHARG療法があれば「薄毛になりやすい体質」も怖くありません。

ただ、薄毛(AGA)には進行性という特徴がありますので、早め早めの対応が必要です。親や親族に薄毛の人が多い、絶対にうすげにはなりたくないと思うのであれば、まずは毛髪診断を受けてみましょう。

薄毛を発症するリスクや適切な対策と治療方法を知ることで、先回りの薄毛対策をすることができます。自慢の毛髪を守るために必要なのは、自分の行動力と専門クリニックでの適切な治療です。

カウンセリングは無料ですので、お気軽にご相談ください。