頭皮は髪の毛の土台

髪の毛を健康に育てるためには、その土台となる毛根、そして頭皮が健康である必要があります。頭皮のケアを適切に行い、頭皮の健康を保てば、AGA治療もより効果的になります。

ここでは、頭皮の健康を保つための基本的なポイントを解説します。

頭皮の健康

健康な頭皮が毛髪の不調を改善

頭皮の血行と柔軟性

栄養分や酸素は血流に乗って全身に届けられますが、血行が悪いとその部分に十分な栄養が行き渡らなくなります。頭皮全体の柔軟性が不足していると、毛細血管の働きが停滞し血行を悪くさせます。その結果、頭皮の栄養補給が行われずに毛髪が痩せ細り、薄毛を引き起こします。

毛穴詰まりを予防して頭皮を柔軟に保つことで血行を促進し髪の成長を促します。ヘッドスパなどで頭皮環境を整えるのも一つの方法です。

硬くなった頭皮は頭痛の原因にも

デスクワークなどで目を酷使している人の中には、運動不足や姿勢の悪さも相まって、眼精疲労や頭痛に悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。眼精疲労や頭痛が起きている原因は、もしかすると顔や頭の筋肉が慢性的に緊張しているために頭皮が硬くなっているせいかもしれません。

硬くなった頭皮をほぐして筋肉の緊張が和らげば、眼精疲労や頭痛が改善するだけでなく、血行がよくなり新陳代謝も改善します。頭皮の新陳代謝がよくなれば、髪の成長も促進されます。

適度に残したい頭皮の脂分

人によっては朝シャワーを浴びて髪を洗うのが習慣になっている人もいるでしょう。これは、頭皮にとってなるべく避けたい習慣です。私たちが夜眠っている間には、様々な外的刺激から頭皮を守るために必要な水分や脂分が分泌されます。

朝出かける前に髪を洗うと、これを全て洗い落としてしまうため頭皮は紫外線や外気の刺激を直接受けることになります。乾燥や毛穴詰まり、雑菌の繁殖が進み、頭皮にとっては大きな負担です。

また、夜眠っている間に分泌される成長ホルモンは、髪の成長にも大きな影響を与えます。一日を通して頭皮に付着した汚れや皮脂をきちんと落として、正常な髪の成長を促す環境を整えることが大切です。

薄毛を予防するなら、頭皮に必要な脂分を残しておきたい朝と、汚れを落として毛穴を引き締め、成長ホルモンの分泌を促したい夜との頭皮環境を狂わせることの無いように意識しましょう。

髪の若さを保つヘアケア

コラーゲンを積極的に摂取する

髪は皮膚や爪と同じタンパク質で構成されているため、コラーゲンやカルシウムなどの栄養素を積極的に摂取することで薄毛やハリ、コシなどの髪の悩みが改善されます。毛根を成長させるのに必要なコラーゲンが不足すると、毛が生えるはずの毛根の働きが抑制されるため、毛が細くなったり抜け毛の原因になります。コラーゲンの摂取によって頭皮が活性化されれば、毛根のある真皮が働きを取り戻して発毛を促進します。

また、コラーゲンの吸収率を高める栄養素として、タンパク質とビタミンCが挙げられます。コラーゲンとタンパク質、ビタミンCとの同時摂取を習慣にすることで、薄毛を予防するとともに髪の成長を促したり、一本一本の髪を太くしっかりとした質に変えることができます。

コラーゲン食品の代表的なものは、牛すじや手羽先、ウナギです。タンパク質は、牛肉や豚肉、大豆製品、乳製品に多く含まれます。ビタミンCは、ブロッコリーやゴーヤなどの緑黄色野菜や柑橘系フルーツに多く含まれます。

相性の良い食品同士を効果的に摂取して、頭皮の健康を意識しましょう。