AGAの原因

スマートフォンやパソコンが広く世の中に浸透した現代社会。デジタルの波にのまれ周りとのコミュニケーションツールとしてなくてはならないものになりました。馴染みのない世代でもコンビニエンスストアやスーパーのレジ打ちの仕事など使用する機会は多くなってきています。細かな作業を毎日行っていると知らず知らずのうちに疲れが溜まってきます。やがてはストレスとなり体の各部位に様々な支障をきたしてきます。
以前は年配になるにつれ“薄毛”になる割合が多かったはずですが、今は若い世代から悩まれている方が多くなってきています。今の生活環境が抜け毛を誘発しているのは無理もないのです。

AGAの原因となりうる要因

睡眠不足
睡眠が不足すると体に様々な弊害がもたらされます。脳に十分な栄養素や酸素が行きわたってない状態なので体の免疫機能が徐々に低下してきます。そして、健康面・美容面・日常生活とほぼ全てに悪影響が出てきます。夜中に7~8時間ぐっすりと寝ることが明日への活力になる事は言うまでもありません。
ダイエット
意外かもしれませんが、ダイエットをすると少なからず髪の毛への影響も出てきます。今やいろいろなダイエット法が話題となり各メディアで取り上げられていますが、基本の考え方は食事制限だと思います。野菜中心や脂身の少ない食品を摂るなどコレステロールを下げ体重を減らしていきます。自分の食べたいものを極力控える為、精神的に苦しい日々を過ごさなければなりません。
食事から摂取した栄養素は、脳や心臓などの重要な臓器から先に供給されるようにできています。髪の毛は優先順位が低いため髪を育てる毛根には栄養が行き渡りません。過度なダイエットは薄毛の天敵です。
環境によるダメージ
新しい職場や学校に通うようになると人間関係に悩まされる場合があります。人付き合いは避けては通れませんので、今やストレスの原因の上位に入っています。
体は各部位が密接な連係をとりながら健康が保たれています。どこかに支障がきたすとバランスが崩れ何かしらの症状がでてきます。これは体が私たちに教えてくれているサインでもあるので、何かおかしいなと感じたら気づいてあげる事が大切です。

効果的な3大栄養素

薄毛に効果的な栄養素は、タンパク質・ビタミン・亜鉛と言われています。ここでは、一日に必要な摂取量と含まれる食材、摂取するタイミングをご紹介いたします。

タンパク質
生きていくための生命活動を支える重要な栄養素の一つです。血液や筋肉、皮膚や骨、各臓器を形成する主成分で、体を構成している割合は水分の次に多く、男性女性とも約15~20%の割合です。10万種類以上のタンパク質から構成されており、日々分解と合成が繰り返されています。消費されるタンパク質を補うためには、成人男性の場合一日あたり50g、女性の場合40g程度が必要摂取量といわれています。体内にて合成できないアミノ酸は9種類で外部から補う必要がありますので、食事は非常に大切と言われる所以です。
毎日の食事で、動物性タンパク質(肉類・魚類・卵・乳製品)と植物タンパク質(野菜・豆類・穀物類)を上手に組み合わせて摂取することで健康が維持できます。良質なタンパク質は、体をつかさどる必須アミノ酸と構造が似通っている為、効率よく吸収、合成できるメリットがあります。たんぱく質を食品から摂取する際の目安量は、「体重×1.1~1.2g」を考えておくと便利でしょう。何事もバランスよくが基本、いろいろな食品をすすんで摂りましょう。
ビタミン
大まかにいうと体の様々な部分でサポートを行っている有機化合物(副栄養素)です。身体の中で起こる様々な化学反応を助けてくれます。主軸となるタンパク質と脂質、炭水化物に対して潤滑油のような働きをします。ビタミンも体内で生成する事ができない為、食べ物から摂取しましょう。最近ではいろいろな種類のサプリメントが販売されていますが、それだけで賄えるわけではありません。
亜鉛
髪の毛はアミノ酸で形成されています。ケラチンが頭髪を構成し、それをサポートするのが亜鉛というわけです。亜鉛も食べ物から摂取するしか方法はなく、多く含まれるものは牡蛎やチーズ、煮干し、赤身などが挙げられます。サプリメントなどで補助的に摂取するのも理想的です。

福岡博多駅前通中央クリニックの薄毛AGA治療

福岡博多駅前通中央クリニックでは、成人男性の5人に1人が発症しているAGA脱毛症だけでなく、びまん性脱毛症、老人性脱毛症、しろう性脱毛症、ひこう性脱毛症など様々な原因で起こりうる脱毛症の治療に対応しています。
髪の毛が成長するまで抜け毛を防ぎ、弱っている髪の毛を活性化させ、休止期の髪の毛を生えさせるサイクルで医学的根拠に基づいたHARG療法による治療を行います。毛根(毛包)を復活させ、太く強い髪の毛を育成させ髪全体のボリュームを上げることにより発毛、育毛の実感を体験して頂けます。九州福岡では実績のある総合的な発毛治療を専門に行っております。
AGAとは思春期以降に始まる髪全体が薄くなりボリューム感がなくなっていく症状ですが、長年をかけてゆっくり進行する場合と半年~1年というように短年で一気に進行するケースがあります。抜け毛が増えた、髪が薄くなってきた、と感じたらそれは脱毛のはじまりのサインかもしれません。進行を食い止めるには早めの対策とケアが欠かせません。
薄毛でお悩みの方は、最新式のHARG療法を行っております当院にまずはご相談ください。専門の毛髪カウンセラーが患者様一人一人のお悩みに合わせて対応させて頂きます。平日は夜20時まで開院、土日祝日も診療を行っておりますのでお仕事帰りの方でもお立ち寄りいただけます。