ドクターゼロ7HP(育毛ローション)|福岡博多駅前通中央クリニック

ドクターゼロ7HP(育毛ローション)

ドクターゼロ7HPとは

ドクターゼロ7HPには、抜け毛を抑制すると共に成長サイクルを改善する「ミノキシジル」、豊富な栄養素を含んでいる「馬プラセンタ」、ジヒドロテストステロンを抑制する「デュタステリド」、薄毛の原因となるストレスを減らす「オキシトシン」。AGAの原因ほとんど全てを抑制して、AGAを改善するための成分が豊富に詰まっています。

更にこれらの有効成分を、最先端技術リポスフィアテクノロジーと言う次世代の技術によって有効成分を毛穴の奥深く(細胞層)まで届く様に配合しているので、通常の外用薬に比べて肌への浸透率が高く、AGAによって衰えた頭皮環境を改善することが期待できる外用薬です。

ドクターゼロ7HP がおすすめの方

  • AGAに本気で悩んでいる方
  • 従来の育毛剤に満足出来ない方

ドクターゼロ7HPの特徴、メリット

  • AGAの原因を徹底的にブロックする成分が詰まった、効能性の高い外用薬
  • リポスフィアテクノロジーで頭皮の細胞層まで有効成分を届けるため、効果が得られやすい

ドクターゼロ7HP の詳細

ドクターゼロ7HPはアメリカの上場企業であるDSヘルスケアが販売している、AGA外用薬です。

AGAとは

髪の毛は以下のようなサイクルで成長を繰り返しています。

頭皮の中で栄養を蓄える「休止期」→産毛の様な細い髪の毛が生える「成長期初期」→髪の毛が伸びる「成長期中期」→太く、丈夫になる「成長期後期」→段々と細くなって抜けていく「退行期」→再び休止期に戻る

私達の髪の毛はこの成長サイクルのお陰で、長く丈夫な髪の毛と抜け落ちる髪の毛が次々と入れ替わるので、毛量を一定に保つ事が出来ています。

しかし加齢やストレスによって男性ホルモンが減少すると、減少した男性ホルモンを補うために身体はより強い男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを分泌して、男性機能や男らしさを維持しようとします。

ジヒドロテストステロンは身体にとって大切なホルモンですが、その一方で髪の毛に対しては悪影響を及ぼします。

髪の毛は、毛母細胞から細胞分裂の指令を受けて細胞分裂を繰り返す事で成長しますが、ジヒドロテストステロンはこの細胞分裂の指令を阻害して、髪の毛の成長を妨げてしまいます。

その結果本来2~6年程かけて長く太くなる髪の毛が、数ヶ月~1年程しか成長出来ないので、髪の毛は育ちきれない産毛の様な細い毛ばかりになってしまいます。更に休止期までの期間が短くなる事で抜け毛が増加するため、毛量はどんどん少なくなり、最終的には発症部位の髪の毛が全て抜け落ちます。

この進行形の薄毛を男性型脱毛症AGAと言い、主に頭頂部と前頭部に発症するのが特徴です。

ドクターゼロ7HPの成分と効果

ドクターゼロ7HPに配合されている成分及び効果は、下記の通りです。

ミノキシジル

ミノキシジルには血管拡張作用があり、この働きによってAGAによって衰えた毛母細胞に栄養を与えるため、頭皮環境を整えます。その結果抜け毛が抑制されると共に成長サイクルが改善する効果があります。

上記の効果は臨床実験において確かである事が証明されており、日本の厚生労働省はミノキシジルを医薬品成分として認めています。

馬プラセンタ

小さい受精卵を赤ちゃんと呼ばれる状態まで育て上げる胎盤の事を、プラセンタと言います。

各種アミノ酸、ビタミン、ミネラル、タンパク質、活性ペプチド、ムコ多糖類、核酸等、豊富な栄養がたっぷり詰まったプラセンタは、髪の毛の材料となる栄養を頭皮にしっかり届けて、ミノキシジルの働きをサポートしてくれます。

加えて頭皮の成長と修復、再生をサポートするEGFとFGF,血管と神経細胞を修復するHGFとNGF,加齢に伴う様々な弊害を改善するIGF、頭皮の免疫力をアップするDSF。これら6つの成長因子が頭皮と血管、毛母細胞を活発化する事で、成長サイクルを整える働きをしてくれます。

AGAの原因となるジヒドロテストステロンを抑制する効果も得られる、現在育毛業界で注目を集めている成分です。

デュタステリド

デュタステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑制する働きを持つ成分です。

ジヒドロテストステロンを抑制する成分は他にもありますが、デュタステリドが唯一無二である点はジヒドロテストステロンを生成する原因となる5αリダクダーゼの1型と2型を同時に抑制する事です。

5αリダクダーゼは男性ホルモン「テストステロン」と結びつく事でテストステロンをジヒドロテストステロンに変える働きを持つ酵素で、1型と2型があります。そして従来はAGAが主に発症する前頭部と頭頂部にある2型5αリダクダーゼを抑制するだけで十分であると考えられてきました。

しかし近年の研究によって2型だけで無く1型も全てブロックする事でジヒドロテストステロンが更に抑制されて、AGAによる抜け毛を減少させる。AGAの進行を止める。2つの効果がより高くなる事が分かりました。
そのためデュタステリドは2型のみをブロックする従来の薄毛治療薬よりも、高いAGA治療効果が望める、優れた成分と言えます。

オキシトシン

オキシトシンは別名幸せホルモンと呼ばれている、ストレスを減らす働きを担う成分です。

ストレスは髪の毛の材料となる栄養素を運んでいる血行を悪化させる上、男性ホルモンの分泌を不安定にしてジヒドロテストステロンを生成する原因を作ってしまいます。

そのためオキシトシンでストレスを融和する事で、髪の毛に必要な栄養素がしっかり届く様になる。ジヒドロテストステロンが過剰に分泌されるのを防ぐ。2つの効果があります。

ドクターゼロ7HPが効く理由

ドクターゼロ7HPはAGAの原因となる、成長サイクルの乱れ、頭皮への栄養不足、ジヒドロテストステロンの分泌、ストレス。これらを全て改善する働きを持っている、優れた薄毛治療薬です。

しかしどんなに良い成分が配合されていても、頭皮に浸透しなければ効果は半減されてしまいます。

そこでドクターゼロ7HPは、成分を人間の肌細胞に近いカプセル状の配列にする事で肌への浸透を高める、リポスフィアテクノロジーと言う次世代の技術を用いて有効成分を配合しました。

そのため、有効成分を毛穴の奥深くにある細胞層まで浸透させて、確実にAGAを改善する事が可能となったのです。

電話受付 9:30~19:00 (土日祝日も開院) TEL 0120-163-772